組織会則

第1章 総則

第1条
本会は、「生活・総合学習ネットひょうご:The Hyogo Study Network for Living Environment Studies and Integrated Studies (HSN-LESIS)」と称する。
第2条
本会は、日本生活科・総合的学習教育学会の兵庫県支部を兼ね、国内外の生活科・総合的学習教育に関する研究を行うとともに県内の実践の発展と普及に努め、会員相互の連絡と協力を促進することを目的とする。

第2章 事業

第3条
第2条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. 生活科・総合的学習教育に関する研究・実践の発表大会
  2. 会員相互の研究・実践発表
  3. 会員の全国大会発表への研究支援
  4. 兵庫県内各種研究会・協議会への支援・協力

第3章 会員

第4条

  1. 本会の会員は、正会員(大学・研究所等の研究機関または幼稚園・保育所・小・中・高等学校・専門学校等の教育機関に所属する教員)と学生会員(大学生・大学院生註)とする。
  2. 本会の正会員および学生会員は、兵庫県在勤(在学)、在住の者に限る。ただし会員登録後、引越し等による住所変更が生じた場合は、兵庫県在勤(在学)であることを条件とする。また、本会の正会員および学生会員は、日本生活科・総合的学習教育学会員であることが望ましいが、本会の趣旨に賛同している者であれば、特にその制約を課さない。個人、団体の別も問わない。
  3. 正会員および学生会員は、本会が主催する研究・実践の発表大会や刊行物によって研究成果等を発表することができる。また、正会員および学生会員が日本生活科・総合的学習教育学会全国大会での研究発表等を行う場合、本会からの支援が得られることがある。
  4. 本会の入退会の手続きは、事務局への申請、理事会承認を経て通知によって完了する。

第5条
本会の正会員は、年会費として1,000円を徴収する。学生会員は500円とする。2年間会費滞納者は、会員の資格を失う場合がある。年度の途中入退会の場合も、当該年度の年会費を納めなければならない。なお入退会の年月日は、本会からの申請受理通知に示されたものとする。

第4章 組織・運営

第6条
本会に次の役員を置く。

  1. 会 長(1名)
  2. 副会長(必要に応じて1〜2名置くことができる)
  3. 理 事(事業部、広報部各担当:若干名)
  4. 事務局(事務局長:1名、事務担当:若干名)
  5. 事業部・広報部(理事以外に若干名)
  6. 監 事(2名)

第7条
会長、副会長は、理事会で選出し、総会の承認を得る。理事会は、正会員の中から選出された理事によって構成される。事務局長・事務担当ならびに監事は、理事会の承認を経て会長が委嘱する。事業部、広報部に理事以外に若干名の部員は、理事によって推薦され、理事会の承認を経て会長が委嘱する。
第8条
会長は、本会を代表し会務を総轄する。会長に事故等があった場合、副会長または理事の1名が代理・代行する。
理事は、事業部と広報部を担当する。事務局は、本会の庶務会計にあたる。監事は、本会の会計を監査する。
第9条
本会の事務局は、3年ごとに持ち回りとする。理事会での審議を経て、会長より事務局を委嘱する。ただし、再任を妨げるものではない。
第10条

  1. 本会の会議は、総会・理事会・その他とし、会長が招集する。
  2. 総会は、毎年1回開き、本会の事業及び運営に関する事項を審議決定する。
  3. 理事会は、会長、理事、事務局で構成し、会務を審議する。ただし、会長の委嘱を受けた特別会員を加えることができる。

第5章 会計

第11条

  1. 本会の経費は、会費・事業収入・寄付金・その他の収入をもってこれにあてる。
  2. 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第6章 改正

第12条
本会則の改正は、総会の承認(総出席者の過半数)による。
(附則)本会則は平成26年4月1日から施行。
註:ここでいう大学院生は、教職経験のない大学院生をさす。

TOPに戻る
Copyright net-hyg.com All Rights Reserved.